スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
五輪担当監査はPwC
2007年10月19日、「第一財経日報」によると、来年の北京オリンピックの開閉幕式に1億米ドルの予算を見込んでいることが担当の監査法人の話で明らかになった。

監査法人の世界ビッグ4のひとつ、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が北京五輪にかかわる予算財務計画のコンサルティング業務と監査を請け負っている。PwCは、バルセロナ大会以降、夏季オリンピックの監査をすべて担当しているが、今回は開閉幕式の費用を過去の大会より大きく見込んでいるという。【 その他の写真 】

また、今回の予算ではプレスセンター設置、交通情報管理、セキュリティーなど、新技術を応用した管理システムの導入費用に大きく予算を割いたという。予算は細分化し、半年に一度は見直して調整を続けている。(翻訳・編集/WF)
Record China

開閉幕式の費用は過去最高の1億米ドル。1億米ドルというのがいくらかわからないが、大変な額だろう。きっとくだらなくもきらびやかな演出がいっぱい見れるのだろう。脱力演出に期待しているのだが。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
あのメダリストのホモ疑惑浮上!?
あるメダリストがホモビデオ出演の過去を持っているらしい。しかも、彼は同じくオリンピック出場経験を持つ有名な某嬢と結婚しているという…。
2人しか思い付かないけど、ほかにいる?
2人のうちだったら、こっちかなとか妄想が暴走。
誰か教えて。ソースはココ。
五輪一般 | comments(4) | trackbacks(0)
JOCが報奨金を発表、最高額は北島
金メダル2つと銅メダル1つを持ち帰った北島は700万円。2位は富田の500万円。
続きはコチラ
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
世論調査結果で最も印象に残った選手
朝日新聞の世論調査の結果では、谷、北島、野口の順。ニッポン国民はタワラが大好きだね。みんな感動した模様。試合いまだに見てないんだけど。五輪三連覇にも関わらず、野村ノムタンはベスト3にも入れないのねえ。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
地方色豊か!メダリストに贈られる仰天の副賞
メダリストは地元の誇りである。ギリシャから戻った彼らを称えようと、地元だって張り切っている。その張りきりぶりが地方色豊かだ。

★上野雅恵(柔道70kg級/北海道旭川市)
→名誉市民賞の副賞として、名産の木材を組み合わせた木製トロフィー
→地元ブランド米“大雪山見て育ったの”を体重分(70kg)。本人が「これでは足りない」と漏らす

★柴田亜衣選手(競泳800m自由形/徳島県脇町)
→県と町の栄誉賞をW受賞。文字を刻んだ純銀製プレート(30〜40万円相当)
→800mにちなみ阿波牛800kgを贈る計画も浮上中
→脇町は対抗して、すだち800個か?

などなど。
そのほかはコチラで。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
マラソン初代王者は×××で給水…
サンスポで五輪トリビア連載してたんだね。面白いね。今さら気付いた。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
北京五輪、遅れはアテネ以上?
どうやらメインスタジアムの建設が1年遅れる模様。でもギリシャ人の呑気さは北京に期待できまい。次の五輪のテーマは「節約五輪」です。萎え。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
五輪後日談〜13万個のコンドームの行方
大会前に報道され物議を醸した13万個のコンドームのうち、24日までに約2万個強、1日平均1000個程度しか“消費”されていないという。前大会では国ごとに配布されたが、今大会は人目につく自販機で配布されたことが人気低迷の原因ともささやかれているそうな。

13万個という数字も前大会の“実績”をもとにはじき出された数字。残りの10万回はどこへ消えたのか…。

情報はumizoさんよりいただきました。アリガトウゴザイマス!
五輪一般 | - | -
五輪ソングでサザンが金メダル!
レコード業界では「五輪ソングは売れない」というジンクスがあるが、日本のメダル・ラッシュで盛り上がった今回のアテネ五輪では、現実のものとはならなかった。サザンオールスターズがリリースした応援ソング「君こそスターだ」がオリコン調べで現在約41万枚を売り上げ“金メダル”に輝いた。一方でジンクスを破れず1万枚にも達しない楽曲があるなど、競技同様、明暗が分かれた格好だ。(スポーツニッポン)


JOC公式応援ソング、KOKIAの「夢がチカラ」って一度も聴いたことない気がするんだけど、気のせい?
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
アテネ五輪テロ対策資料は36万ページ
アテネ五輪の警備対策でギリシャ当局が用意したマニュアルは、200種類のテロを想定し、36万ページにも及ぶという。ハイジャックされた飛行機は、警告に応じなければ撃ち落とす。自爆しようとするテロリストには、両腕を押さえて爆発を防ぐ。などなど、具体的な方法も示しているというが…。

これってマスターできるのか?誰か全部把握してる人間はいるのか?ナゾ。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
Recent Comments
Search this site :