スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
新庄の新グラブはマダムが喜ぶ毛皮仕様(名称:ウシ君)
まだまだやるぜ。しかし毛皮グラブは暑そうだ。あたしなら汗で蒸れるに違いない。

午後2時。試合前練習での出来事だ。一塁側ベンチに置かれていた新庄の練習用牛革製グラブにだれもが仰天した。「毛が生えてるよ!!」。牛の斑点模様の派手なデザイン。“毛皮グラブ”だった。驚く周囲を満足げにながめていた新庄はそして、こんな“迷言”を吐いた。

 「(グラブの名前は)ウシ君。(婦人用の毛皮のコートのようで)マダムが喜ぶ」

 グラブの中もフサフサのため、ノックを受けても「ポスッ…」としか音がしない。その重い低音に「モ〜って鳴いたよ」とニンマリだ。

 日本のベースマン社が製造した特注品。新庄は過去にワニ皮グラブを披露したこともある。もちろん、試合では使用しない。でも、これで試合前のスタンドとベンチは盛り上がる。ヒルマン監督も思わず“つっこみ”を入れた。

 「マフラーを重ねたようなソフト感。もし牛であれば、私もテキサス出身だから親しみがある。(新庄のサプライズは)いつものことだが、いろんなことをやるね」(サンケイスポーツ)
野球 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://olympic04.jugem.cc/trackback/167
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :