スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
五輪担当監査はPwC
2007年10月19日、「第一財経日報」によると、来年の北京オリンピックの開閉幕式に1億米ドルの予算を見込んでいることが担当の監査法人の話で明らかになった。

監査法人の世界ビッグ4のひとつ、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が北京五輪にかかわる予算財務計画のコンサルティング業務と監査を請け負っている。PwCは、バルセロナ大会以降、夏季オリンピックの監査をすべて担当しているが、今回は開閉幕式の費用を過去の大会より大きく見込んでいるという。【 その他の写真 】

また、今回の予算ではプレスセンター設置、交通情報管理、セキュリティーなど、新技術を応用した管理システムの導入費用に大きく予算を割いたという。予算は細分化し、半年に一度は見直して調整を続けている。(翻訳・編集/WF)
Record China

開閉幕式の費用は過去最高の1億米ドル。1億米ドルというのがいくらかわからないが、大変な額だろう。きっとくだらなくもきらびやかな演出がいっぱい見れるのだろう。脱力演出に期待しているのだが。
五輪一般 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://olympic04.jugem.cc/trackback/173
Trackbacks
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :